ウッド工事 施工実績

半田市 K邸

写真左はお風呂場からの風景です。塀の高さは1.7mです。
将来は正面をバリの雰囲気がある庭にする予定です。
塀は間柱方式なので通常の貼り方より見栄えはします。

デッキは通常より高さをかなり低くしています。
お風呂から坪庭への視界を広げるためです。

阿久比町 N邸

ウリン(アイアンウッド)のデッキです。
70角の柱が通し柱となっているので頑丈です。

写真右:部屋からの眺めです。板の隙間は15ミリです。

東浦町 E邸

正面の枕木はセラガンバツ一材です。
とても硬い木で、普通の電気のこぎりでは歯が立ちません。
塀(H=1000)はお客様の要望でデザインに少し工夫を凝らしました。
通常の板塀とは異なり、ビスが見えません。

写真右 : 敷地内からです。柱は90角で板の隙間は4センチです。

半田市 G邸

   

ウリン板塀完了直後の庭

ウリン材(柱とも)はインターネット上から購入しました。

2期工事で予定しているデッキのイメージ図

東浦町 T邸

写真(右)は部屋の中からの眺めです。

植木、レンガ等はお客様が自分で施工されました。

その他実績

半田市 T邸

素材はハードウッド(アマゾンジャラ)です。
下が土間で高さがあるのでいろいろな道具が収納できます。

阿久比町 H邸

擁壁(当社施工)上にお客様の要望で建物に合わせシンプルに配置しました。
見にくいかもしれませんがポストの壁も木製です。

東海市 H邸

高さがかなりあり長い直線なので柱は90角を使用しています。

半田市 A邸

素材はアマゾンジャラです。
塀の高さは1.6m、道路からは2mですデッキは幅が5.4mありますが中央に仕切りを入れてアクセントをつけています。

名古屋市緑区 M邸

玄関へ通ずるスロープにあわせ階段状にしました。板は柱の間に貼る間柱方式です。
ハードウッドの塀も経年変化で飴色となりそれなりの趣が出てきました。

知多市 T邸

ウリン(アイアンウッド)の塀です。
背後は洗濯物干し場です。
目隠しと採光を考慮し、隙間は4センチとなりました。

東海市

内扉右の開口部を何とかしたいと依頼があり、相談上、ウリン板塀を施工。

東浦町 K邸

ウリンで縦格子の塀を作ってみました。退色を防ぐために撥水材が塗布されています。